おくやみ:永野一男氏

豊田商事会長
1985年 6月18日 没 享年32 刺殺により死去

略歴

永野 一男(ながの かずお、1952年8月1日 - 1985年6月18日)は、金のペーパー商法を行った豊田商事の創業者(会長)。 岐阜県恵那市に生まれる。15歳のとき、島根県浜田市国分町の叔父宅に預けられ、現地中学校を卒業。集団就職で日本電装(現・デンソー)に入社したものの、2年で退職。その後、転職を繰り返す。商品取引業者の岡地に入社。岡地では高い営業成績を上げていたが、顧客の金を勝手に小豆市場につぎ込んで大穴を開けたことが発覚し解雇される。その後も再び職業をめまぐるしく変える。1976年3月30日、大垣競輪場のトイレでスリを働いて逮捕されている。 1981年4月22日に「大阪豊田商事」を設立。永野が「豊田」を会社名に入れた理由は、中学校を卒業して最初に就職した先がトヨタグループの自動車部品メーカーである日本電装であったことと、有名なトヨタグループの関連会社だと錯誤させるためで、約1年後に「豊田商事」とする。Wikipediaより