おくやみ:ジョルジョ・デ・キリコ氏

イタリアの画家、彫刻家
1978年 11月20日 没 享年90

略歴

ジョルジョ・デ・キリコ(Giorgio de Chirico, 1888年7月10日 - 1978年11月20日)は、イタリアの画家、彫刻家。形而上絵画派を興し、後のシュルレアリスムに大きな影響を与えた。 生涯 1888年、ギリシアのテッサリアのヴォロス(Volos)にイタリア人の両親のもとに生まれた。父エヴァリスト・デ・キリコは、鉄道の敷設を指揮する技師であった。 1891年、弟アンドレア(のちにアルベルト・サヴィニオと名乗って画家・批評家として活動した)誕生。 1900年、アテネの理工科学校に通う。この頃最初の静物画を描く。 1905年、父死去。 1906年、家族とともに、ギリシャを離れミラノを経てフィレンツェに移住する。 1907年、ドイツのミュンヘンの美術アカデミーに入学。この頃、ニーチェやショーペンハウエルの思想に影響を受ける。 1909年、ミラノに移住。 1910年、フィレンツェに移住。弟はパリへ移住。最初の形而上絵画を手がける。 1911年、パリへ移住。 1912年、3点の絵画をサロン・ドートンヌに出品。 1913年、パリのアンデパンダン展、サロン・ドートンヌに出品。Wikipediaより