おくやみ:オーソン・ウェルズ氏

アメリカの俳優映画監督
1985年 10月10日 没 享年70 心筋梗塞により死去

略歴

オーソン・ウェルズ(George Orson Welles, 1915年5月6日 - 1985年10月10日)はアメリカ合衆国の映画監督、脚本家、俳優である。身長190cm。 幼少時代 オーソン・ウェルズは1915年5月6日にウィスコンシン州ケノーシャで生まれた。子供時代の彼は、詩、漫画、演劇に才能を発揮する天才児であったが、傍若無人な性格で、周りとの人間関係に問題があった。母は彼が9歳の時に亡くなり、父は発明に没頭するアルコール依存症の奇人で、祖母は神経質でオカルトと魔術に耽溺しており、ウェルズとは嫌いあう仲であった。 父は、彼をイリノイ州ウッドストックにある比較的自由な校風のトッド校に通わせた。しかし、ここでウェルズは、最初の演劇を制作し俳優として出演した。彼は、登校早々に怪談話で同級生を怖がらせ、手品やほら話を披露した。また、肥満児であったためいじめを受けると、トイレに駆け込んで赤いペンキを顔に塗り、大怪我になった演技をして相手を狼狽させた。Wikipediaより