おくやみ:小泉文夫氏

民族音楽学者
1983年 8月20日 没 享年53 肝不全により死去

略歴

小泉 文夫(こいずみ ふみお、1927年4月4日 - 1983年8月20日)は、日本の民族音楽学者。妻は声楽家の加古三枝子。3月29日生まれだが、4月4日と届け出。 生涯 東京出身。府立四中を経て東京大学文学部美学科へ入学。在学中に日本音楽学に関心を持つ。卒業後は、東京大学大学院人文科学研究科美学専攻課程に籍を置きながら平凡社に勤務。邦楽や東南アジアや中近東、アフリカ音楽に興味をもち、日本の伝統音楽の研究やNHK交響楽団機関誌の編集委員などを務めた。 1957年にインドに留学しインドの古典音楽や民族音楽の調査を行う。1959年から東京芸術大学の教員となり、日本を始めとして、世界中の民族音楽の調査や研究に従事。その傍ら、NHK-FMの「世界の民俗音楽(後の「世界の民族音楽」)」の番組の担当や、NET(現テレビ朝日)の「世界の音楽」などにも出演するようになる。 1975年に東京芸術大学教授に就任したが、多忙により癌の発見治療が遅れ、1983年8月20日、肝不全のため56歳の若さで没した。Wikipediaより