おくやみ:林家彦六氏

落語家
1982年 1月29日 没 享年86 肺炎により死去

略歴

林家 彦六(はやしや ひころく、1895年5月16日 - 1982年1月29日)は、落語家。東京府下荏原郡品川町(現在の品川区)出身。生前は落語協会所属。本名は岡本 義(おかもと よし)。前名の林家正蔵としては8代目。俗に「彦六の正蔵」。 出囃子は『菖蒲浴衣(あやめ浴衣)』。噺家からは居住地の「稲荷町(の師匠)」また性格から「トンガリの正蔵」と呼ばれた。妻は岡本マキ。息子は日本舞踊家花柳衛彦。芝居噺や怪談噺を得意とし、「林家正蔵」の名を更に高めた。 1907年 尋常小学校卒業。 1908年 質屋、ホーロー工場、木地屋等を丁稚奉公で転々とする。 1912年 2代目三遊亭三福(後の3代目三遊亭圓遊)に入門し「福よし」を名乗る。 1914年5月 師匠三福が「扇遊亭金三」に改名し「扇遊亭金八」に改名。 1915年 この頃から大師匠4代目三遊亭圓生の弟弟子2代目三遊亭圓楽(後の三遊一朝)に稽古を付けて貰う様になる。 1917年1月 師匠金三と共に4代目橘家圓蔵の内輪弟子となる。 1918年2月 二つ目昇進し「橘家二三蔵」に改名。Wikipediaより