おくやみ:灰田勝彦氏

歌手、俳優
1982年 10月26日 没 享年71 肝臓がんにより死去

略歴

灰田 勝彦(はいだ かつひこ、1911年(明治44年)8月20日 - 1982年(昭和57年)10月26日)は、日本の歌手、ウクレレ奏者。本名(幼名):灰田 稔勝(はいだ としかつ)。ハワイアンやヨーデル、流行歌で第二次世界大戦前後に一世を風靡し、また、映画俳優としても華々しく活躍した。作曲家 でスチールギター奏者の灰田晴彦は兄(のちに有紀彦に改名)。 生涯 幼少期 灰田稔勝(のちの勝彦)は、明治政府の移民政策によって広島(現在の広島市南区)からハワイに移住した医師・灰田勝五郎の三男として、ハワイのホノルルで生まれた。1920年(大正9年)、博愛家として現地の邦人に慕われた父が医療活動による過労が原因で急逝した。 1922年(大正11年)、父の納骨のために母、2つ年上の兄・可勝(のちの晴彦)らと共に帰国し、父親の故郷である広島市内に父の墓を建立した。しかし、1923年(大正12年)に関東大震災に見舞われて、家族でハワイに戻ることを決意する。荷物をまとめて、乗船の切符も全て用意した矢先に、震災の混乱で一切の所持品を盗難され、一家は日本滞在を余儀なくされた。Wikipediaより