おくやみ:祖堅方範氏

沖縄の空手家
1982年 11月30日 没 享年91

略歴

祖堅 方範(そけん ほうはん、1891年5月25日 - 1982年11月30日)は、戦前から戦後にかけて活躍した沖縄の著名な空手家。少林流松村正統の開祖。
祖堅方範は明治24年(1891年)、沖縄県西原村我謝(現・西原町字我謝)に生まれた。母カミーは首里手の大家・松村宗棍の孫娘に当たり、祖堅方範は12歳頃より母の兄で伯父であるナビータンメー(翁)に唐手(現・空手)を師事した。松村宗棍の長男、自由党タンメー(通称)はもっぱら政治活動を行い、唐手はしていなかったので、ナビータンメーは宗棍から唐手を習ったとされる。祖堅は大正7年(1918年)までナビータンメーに師事した。その後、祖堅は西原の伊保の浜に住む米須ウシータンメーより、琉球古武術を学んだ。
Wikipediaより