おくやみ:アーヴィング・ゴッフマン氏

アメリカの社会学者
1982年 11月19日 没 享年60 胃がんにより死去

略歴

アーヴィング・ゴッフマン(Erving Goffman、1922年6月11日 - 1982年11月19日)は、米国の社会学者。日常生活における人々の社会的相互作用の仕方を解明する方法論として、ドラマツルギーを初めて社会学の立場で提唱したとされる。 カナダに生まれ、1945年カナダのトロント大学卒業、1949年シカゴ大学で修士号、1953年同博士号(Ph.D.)取得。 1949年 - 1951年エディンバラ大学社会人類学科でシェットランド島フィールド・ワークに従事。シカゴ大学社会学科部門の研究プロジェクトに参加。1954年 - 1957年国立精神衛生研究所衛生臨床センターの客員研究員。1955年 - 1956年ワシントンの聖エリザベス病院で参与観察を実施。1958年カリフォルニア大学バークレー校社会学科に参画、1962年同大学社会学教授。1966年 - 1967年ハーバード大学国際問題研究所の特別研究員。1968年ペンシルベニア大学教授。1982年アメリカ社会学会会長。同年、60歳で死去した。 研究概要 ゴッフマンは、彼の社会学的方法であるドラマツルギーによって、個人(行為者)に先行して存在し与えられるフレームから出発して、個人が一貫性を有する行為者であるとする一般常識の打破を試みた。Wikipediaより