おくやみ:アダチ龍光氏

奇術師
1982年 10月13日 没 享年86 心不全により死去

略歴

アダチ 龍光(アダチ りゅうこう、本名:中川 一、1896年7月20日 - 1982年10月13日)は、新潟県出身の奇術師である。生前は落語協会所属。日本奇術協会第4代・第6代会長。東京演芸協会の3代目会長でもあった。 越後の禅寺の息子に生まれ、一時新派の役者修行をしていたが、1920年(大正9年)に大阪の木村マリニーに入門し木村壮一を名乗った。1922年(大正11年)頃に、吉本興業の専属になる。大正の末に、アダチ龍光と改名した。戦後は活動の場を大阪から東京に移し、落語協会に所属する。地方の訛りもあったが克服し、上品な語り口でマジックを披露して人気を博した。まれにウグイスの物真似や擬声漫談も行なっていた。 1966年(昭和41年)に芸術祭奨励賞受賞。翌年から日本奇術協会会長を務めた。1971年(昭和46年)には昭和天皇の古希のお祝いに皇居で奇術を披露している。1979年(昭和54年)、脳内出血で倒れるが、1年後には『花王名人劇場』(関西テレビ)に出演し、元気な姿を見せた。Wikipediaより