おくやみ:ジャック・ラカン氏

フランスの精神科医、精神分析学者
1981年 9月9日 没 享年80 大腸がんにより死去

略歴

ジャック=マリー=エミール・ラカン(Jacques-Marie-Émile Lacan、1901年4月13日 - 1981年9月9日)は、フランスの哲学者、精神科医、精神分析家。 フランスの構造主義、ポスト構造主義思想に影響力を持った精神分析家。 フロイトの精神分析学を構造主義的に発展させたパリ・フロイト派のリーダー役を荷った。また、フロイトの大義派(仏:École de la Cause freudienne)を立ち上げた。 新フロイト派や自我心理学に反対した。アンナ・フロイトの理論については、フロイトの業績を正しく継承していないとして批判し「アナフロイディズム」と呼び、「フロイトに還れ」(仏:Le retour à Freud)と主張した。 生涯 初め高等師範学校で哲学を学ぶが、転学しパリ大学に移り、そこで医学を学ぶ。卒業後は、精神科医として働いていたが、徐々にフロイトの精神分析学に傾倒していった。さらに、アレクサンドル・コジェーヴのヘーゲル講義などに参加(ジョルジュ・バタイユも参加しており、当時友人であった。Wikipediaより