おくやみ:長谷川良夫氏

作曲家
1981年 5月6日 没 享年73 心不全により死去

略歴

長谷川 良夫(はせがわ よしお、1907年12月22日 - 1981年5月6日)は日本の作曲家。 東京に生まれる。作曲を信時潔、クラウス・プリングスハイムに師事。1931年東京音楽学校師範科卒業。1933年同研究科作曲聴講生修了、日本ビクターに所属。1937年、宝塚歌劇団作曲部に所属。1938年ドイツに渡り、ベルリン国立歌劇場でオペラを研究。1940年帰国。1946年、東京音楽学校(後、東京藝術大学音楽学部)作曲科教授に就任。1975年、同大学名誉教授となる。1979年、勲三等瑞宝章を受章。1981年、心不全のため逝去。 音楽教育に力を注ぎ、著書に『作曲法教程』『大和声学教程』『対位法』などがある。 主な作品 大いなる朝 (日本国憲法発布記念祝典のためのカンタータ) 瓶の中の世界 (弦楽器・打楽器・四分音ピアノと朗読による放送音楽、イタリア放送協会賞を受賞) 二つの日本民謡調 (ヴァイオリン、ピアノ) 第一弦楽四重奏曲 室内管弦楽または9楽器のための能 (ピアノ、クラリネット、フルート、オーボエ、ヴィブラフォン、2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ) 管弦楽のためのバラード 万葉抄 (歌曲) 秋の歌四章 (歌曲) 希望の歌(昭和24年度全国唱歌ラジオコンクール[現 NHK全国学校音楽コンクール]中学校の部課題曲) いつも心に(昭和27年度全国唱歌ラジオコンクール中学校の部課題曲) 早春(無伴奏混声合唱) 春待草(国民歌謡) やぎの子 (童謡) 東京農工大学歌 香川県立丸亀高等学校校歌 長崎県立長崎西高等学校校歌 西宮市立西宮高等学校校歌 兵庫県立龍野高等学校校歌 島根県立出雲高等学校校歌 富山県立桜井高等学校校歌 関連記事 和声 理論と実習。Wikipediaより