おくやみ:能見正比古氏

評論家、血液型性格分類を提唱
1981年 10月30日 没 享年56 心筋梗塞により死去

略歴

能見 正比古(のみ まさひこ、1925年7月18日 - 1981年10月30日)は、日本の文筆家。人の血液型と気質とを統計的に関係付けたと称し、「血液型人間学」や「血液型性格分類」という占いを考案した人物。 北京政府奉天市生まれ。本籍地は金沢市。第四高等学校 (旧制)理科甲類を経て、東京大学工学部を卒業した後、法学部在学中に放送作家としての活動を始め、大学中退。学習研究社に勤め、雑誌や百科事典の編集長を経て、独立した。相撲にも詳しく、相撲の評論・解説でも知られている。 旧制高校時代、当時東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学) に通っていた姉幽香里からの影響を受け、血液型と気質についての「研究」を始める。姉の通う東京女高師の教授であった古川竹二の著作に影響を受けながらも独自の解釈を入れ、「血液型人間学」としてまとめ上げベストセラーにする。テレビに多く出演し、数多くの著書を世に送り出し、血液型人間学を大衆に広めた。また、彼は『週刊サンケイ』(現・SPA!)編集部の協力により著名人の血液型調査を行ったことでも知られる。Wikipediaより