おくやみ:市川房枝氏

婦人運動家、政治家、参議院議員
1981年 2月11日 没 享年82 心筋梗塞により死去

略歴

市川 房枝(いちかわ ふさえ、1893年(明治26年)5月15日 - 1981年(昭和56年)2月11日)は、日本の婦人運動家、政治家(元参議院議員)。 愛知県中島郡明地村(後の朝日村→尾西市。現在は一宮市)生まれ。戦前と戦後にわたって、日本の婦人参政権運動(婦人運動)を主導した。1981年(昭和56年)2月に尾西市(現在の一宮市)の名誉市民となる。1981年(昭和56年)参議院永年在職議員表彰を受ける。 戦前 愛知県中島郡明地村に農家の3女として生まれた。父の藤九郎は、1848年(嘉永元年)生まれで、一時商売をしていたが、基本的に農夫として一生を過ごした。母のたつは、1859年(安政6年)生まれで藤九郎の隣村の農家に生まれた女性である。母は19歳の時に11歳年上の藤九郎と結婚した。父親は自分の生業の農業に否定的で「自分は学問をしないから百姓をしているのだ。百姓は馬鹿がする仕事なので子供たちには一生懸命働いて学校に行かせてやる」として教育熱心の父親は、長男を小学校の教師から東京の政治学校の学生、米国の大学の留学生に育てて、長女は奈良県の女子師範学校生にして、房枝の妹は名古屋市の淑徳女学校に進学させて、その後渡米して、妹はアメリカの日系人と結婚している。Wikipediaより