おくやみ:新田次郎氏

作家
1980年 2月15日 没 享年68 心筋梗塞により死去

略歴

新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は、日本の小説家、気象学者。神田電機学校(現:東京電機大学)卒業。 来歴・人物 長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)角間新田(かくましんでん)に彦、りゑの次男として生まれる。寛人のおじに気象学者藤原咲平がいる。ペンネームは“新田の次男坊”から(「しんでん」を「にった」と読み替え)。 旧制諏訪中学校(現在の長野県諏訪清陵高等学校)・無線電信講習所本科(現在の電気通信大学の母体)・神田電機学校(現在の東京電機大学の母体)卒業。妻ていは作家。次男正彦は数学者・エッセイスト。長女の咲子も、家族を書いた小説を発表している。 登山好きの皇太子徳仁親王が愛読する作家として知られる。 1932年 - 中央気象台(現:気象庁)に入庁。富士山観測所に配属 1935年 - 電機学校卒業 1939年 - 兩角(もろすみ)ていと結婚 1940年 - 中央気象台布佐気象送信所に転勤。Wikipediaより