おくやみ:越路吹雪氏

女優、シャンソン歌手
1980年 11月7日 没 享年56 胃がんにより死去

略歴

越路 吹雪(こしじ ふぶき、1924年(大正13年)2月18日 - 1980年(昭和55年)11月7日)は、元宝塚歌劇団男役トップスター、シャンソン歌手、舞台女優。本名、内藤 美保子(ないとう みほこ)。旧姓の河野(こうの)より愛称:コーちゃん、コッシー。 東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区麹町)出身。 所属レコード会社は日本コロムビア→東芝音楽工業(その後東芝EMIに改称、現:ユニバーサルミュージック)。 代表曲に『愛の讃歌』、『ラストダンスは私に』、『サン・トワ・マミー』、『ろくでなし』などがあり「日本のシャンソンの女王」と称された。 生涯 生い立ち 1924年(大正13年)に東京・麹町に5人兄弟の3人目として生まれたが、両親は姉の看病に専念するため、越路は祖父母のもとに預けられた。その後、父が新潟へ転勤し、越路も新潟で下宿した。これが「越路吹雪」の芸名の由来となった(芸名は父親が名づけた)。長野県飯山高等女学校(後の長野県飯山南高等学校・現長野県飯山高等学校)を中退し、宝塚音楽歌劇学校(現宝塚音楽学校)に入学した。Wikipediaより